ホリグラ

2024/01/26

焚き火でつか合える初心者向けライフハック5選!

キャンプ

キャンプの代表的な楽しみの一つと言えば、焚き火です。
初めてのキャンプや焚き火の経験者でも、焚き火をより楽しく、効率的に楽しむためのライフハック5選をご紹介します。

1.着火材の準備を整える

焚き火の始めに重要なのは、良い着火材を用意することです。
乾燥した細かい小枝やバーチバークは着火しやすく、燃えやすい素材です。
市販の着火キューブなどもおすすめです。
これらの着火材を十分に用意しておくと、手早く火をおこすことができます。
また、新聞紙や乾燥した葉っぱも役立ちます。

2.火打石やマッチの活用

焚き火の火おこしには火打石やマッチを使うことが一般的ですが、
これらの道具を上手に活用すると簡単に火をおこすことができます。
火打石を使う際は、十分な練習が必要ですが、慣れれば風情ある焚き火が楽しめます。
マッチを使う場合は、防水のマッチボックスやライターを携帯すると便利です。

3.火の周りを整える

焚き火を楽しむ上で、火の周りを整えることも大切です。
風が強い場合は、岩や土、木の枝を使って炎風除けを作り、薪や小枝を綺麗に積み上げると効果的です。
これにより、燃えるものが均等に燃えやすくなり、火の維持がしやすくなります。

4.燃えやすい燃料を選ぶ

焚き火に使う薪や炭は、燃えやすさや燃焼時間に影響を与えます。
特に初心者の方は、燃えやすくて扱いやすい薪や炭を選ぶと良いでしょう。


乾燥した薪や木炭は燃えが早く、手軽に火を楽しむことができます。
細かい小枝や木片も、通気性があり、燃えやすい特性があります。
焚き火を始める際に、これらの素材を使用すると、素早く着火しやすくなります。

5. 安全な焚き火の消し方

焚き火を楽しんだ後は、安全に火を消す方法も重要です。
水をかけてしっかりと消火し、灰を撒いて残り火を完全に鎮火させましょう。


灰が冷えているかどうかを手で確かめ、もし熱かった場合は再び水をかけるなどの対応が必要です。
火を確実に消すことで、キャンプ場や自然環境を保護し、次のキャンパーたちにも美しい状態を残すことができます。


これらのライフハックを活用することで、初心者の方でも焚き火を楽しむことができます。焚き火の暖かさと共に、アウトドアライフを満喫してください。

お電話でお問い合わせ

お気軽にご連絡ください

営業時間:9:00-17:30(月~金)